英語に惑わされるな!pCloudは思ったより機能が立派

pCloud icon png結論から書きます。

pCloudは日本語ファイルは大体問題ありません

亞流が確かめる限り日本語文字化けしているのはファイルやフォルダ自体には確認できませんでした。
基本変な所に律儀な亞流は特殊文字や禁則文字、全角記号の組み合わせ等の使い方はしていないのでほぼです。
亞流が見る限り文字化けしていたのは後述します。

ひとまず機能やら性能やらを紹介します。

アプリが豊富

PCやmacだけではなくAndroidとiPhone用のアプリもあり、もちろん一つのユーザIDでPC等から保存したファイル類を操作できます。
アプリやソフトは以下からダウンロードできます。
各々のプラットフォーム(OSやスマホ)に合わせてインストールしてください。

iCoudじゃなくpCloudで画像や動画を保存

iCloudは画像や動画を保存させるには心もとない容量なので
即座にiCloudをpCloudに変更しました。(亞流はpCloudのライフタイム500GB契約済み)
ついでに、今後のスクリーンショットやカメラで撮った写真も半自動でpCloudアップロード設定にしました。
やり方は以下のようにやります。(このスクリーンショットもiCloudでアップロードした画像です)

メニュー一覧から「Setting」をタップします
pCloud iOS設定 自動アップロード
「Automatic Upload」をタップします(少しスクロールします)
pCloud iPhone設定 自動アップロード
「Automatic Upload」をタップし「On」にします
pCloud iOs設定 自動アップロード
「Use cellular data」はYesするとWifiでない時もアップロードを行います。「Upload in background」はYesにすると場所が変わると勝手にアップロードします。亞流はYesにしていません。そのためをする必要がありますがちゃんと目視したいためです。

改めてpCloudのアイコンをタップします。すると以前撮った写真や動画がアップロードプロセスに入ります。
iPhone半自動アップロード設定 pCloud

画面キャプチャもpCloudで自動保存

あらかじめPCにインストールしたpCloud Driveをソフトのアイコンをダブルクリックします。「Upload Screenshot」をチェックし、「Apply」をクリックします。簡単です。
pCloud スクリーンキャプチャ 自動アップロード
pCloud Drive(マウントされた仮想領域)の中に自動で「Screenshot」フォルダが生成されます。Winは「PrtScreen」または「Alt + PrtScreen」Macは「Shift + Command + 4」キーでそのフォルダに自動で保存されます。
pCloud スクリーンキャプチャ 自動アップロード

文字化け確認できたのはココ

pCloud drive シェア画面
亞流が確認できたのはPCのpCloud Driveソフトの共有されているファイルやフォルダ設定画面のみです。
Webブラウザでの共有設定は文字化け問題がありませんでしたので、Webブラウザで設定するほうがいいでしょう。
共有した情報を友達、仕事仲間などにお知らせしても問題ないようです。


(※英語です)

よく読まれている記事

ファイル共有クラウドはpCloudにするとスマート

写真を多く撮るため友達の写真やイベント写真を撮ることがたまにあります。 仕事でも写真を撮ることもあります。 以さらに見る

プライベート共有設定 パスワード保護共有を「無効」にしても勝手に「有効」になってしまう。

亜流はメインマシンにWindows7をしていますが、Windows10を別に持っていてそれに外部HDDを繋げてさらに見る

コメントを残す