イラスト・写真を売るサイトの比較まとめ

撮りためた写真・作りためたイラスト(ボツ作品でもOK)を有効利用

クリエイター参加型の作品販売システムです。
写真を撮ってフィルムが山のようになってしまっていたり、 ハードディスクの肥やしになっていませんか?
これらが海外のサイトで売れるんです。撮りためた、作りためた作品の有効活用ができるんです。
今まで趣味でやっていた事が副業として成り立つのです!

全世界のユーザーが対象

民放のズームイン(ズームインスーパー・ズムとく!)やがっちりマンデー!、エチカの鏡等で紹介された情報のように国内だけで展開する情報ではありません。
全世界が見ているネットの世界だからこそ見てくれる・買ってくれるお客さんは日本の比ではありません。 まして写真は全世界共通で楽しまれているメディアでありコミュニケーションツールです。 ですので知らぬ間に売れていてお金が溜まっている…ということになるかもしれません。色々な人に利用される喜びはクリエイター・カメラマンにとって非常に魅力です。 いままで制作してきた作品を 他に利用する機会もなく、しまい込んでいる方には非常に利用価値のあるサービスです。

クオリティーはプロ・セミプロレベルのクオリティーです。カメラも一眼レフレベルの品質のある機材が必要です。ある程度写真に造詣が深く、スキルがある方でないと掲載されないシステムになっていますので日記的にちょっと撮りました的な写真はほとんど許可されません。 フィルムをスキャンして売るのでもOKです。写真に自信がない方はイラストレーションを売って副業という手段もあります。その売り方も記載しています。

登録方法などの一連の説明・指南はこのサイトに書かれていますので時間があるとき、じっくり読んでください。

参加・作品公開する資格

  • 18歳以上の方であれば、性別・職業・国籍関係ありません。
  • 写真やイラストレーションを自身の作品で10作品以上所有している方。
  • これからの時代はボーダレス(国境はない)と思っている方。
  • すこしでも生活に余裕を持ちたい方
  • 暇な時間でプチ稼ぎ・副業感覚でしたい方

気になる報酬とおすすめ販売サイト比較

それぞれのサイトはシステムやデザイン、使いやすさが異なるため閲覧者は若干違うと感じられます。それぞれのサイトで同じ作品が時々ありますがサイトによって許可される(公開される)作品は若干違います。
ダウンロードの差も違いが見られます。全部のサイトに同じ作品を公開してみるのが良い手段です。

Shutterstock

ダウンロード1回毎: $0.25~$0.36 入金最低額: $35~ (小切手$500~) ダウンロード比較: 多い
報酬の受け取り方法: 小切手、PayPal 入金までの日数: 翌月15日頃
日本語対応: エディトリアル販売: パスポート画像提出:
クリエイター審査: 10作品中 7作品許可 動画・ムービー販売:
メリットとデメリット: 数年前公開した作品はまだダウンロードされている。作品審査の敷居が高くなり許可されにくくなった。
Shutterstockで写真・イラストを売る方法

dreamstime

ダウンロード1回毎: $0.26~$14.80 入金最低額: $100~ ダウンロード比較: 普通
報酬の受け取り方法: 小切手、PayPal 入金までの日数: 1週間位
日本語対応: × エディトリアル販売: パスポート画像提出: ×
クリエイター審査: 12作品 動画・ムービー販売: ×
メリットとデメリット: エディトリアル写真が公開できる。基本言語が英語。
dreamstimeで写真・イラストを売る方法

123rf

ダウンロード1回毎: $0.35~$2.00 入金最低額: $50~$200 ダウンロード比較: 少ない
報酬の受け取り方法: 小切手、PayPal 入金までの日数: 2週間位
日本語対応: ○(一部英語) エディトリアル販売: パスポート画像提出:
クリエイター審査: 10作品 動画・ムービー販売: ×
メリットとデメリット: 日本語で利用可能。アクセスが遅い事がある。
123rfで写真・イラストを売る方法

depositphotos

ダウンロード1回毎: $0.25~$5.40 入金最低額: $50~ ダウンロード比較: 普通
報酬の受け取り方法: PayPal、Webmoney 入金までの日数: 5営業日
日本語対応:× エディトリアル販売:× パスポート画像提出:
クリエイター審査: 5作品 動画・ムービー販売: ×
メリットとデメリット: まだあまり知られていないサイトのため日本人にとって開拓の余地がある。基本言語が英語。
depositphotosで写真・イラストを売る方法

fotolia Adobe Photo Stock

ダウンロード1回毎: $0.30~$0.61 入金最低額: 50クレジット
報酬の受け取り方法: PayPal、Skrill 入金までの日数: 5営業日
日本語対応: エディトリアル販売:× パスポート画像提出:
クリエイター審査: なし 動画・ムービー販売:
メリットとデメリット: 日本語による投稿・公開が可能。Adobeと共生することになりブランドパワーに期待。公開されても露出度のロジックが偏っている。
fotoliaで写真・イラストを売る方法

※それぞれのサービスのバージョンアップ、仕様変更によりやり方が変わる事もあります。もし変化があった場合はお知らせください。

著作権は自分に帰属する事

登録する方法は難しくありませんが英語表記が多いのが現状です。 ここで紹介するサイトは著作権フリーの素材を扱っています。 まずは著作権が自分のみに属する事やモデル写真の場合はモデルリリースを提出し、肖像権をクリアにしておく必要があります。 また製品メーカやロゴが分かってしまうような写真も著作権をクリアしておく必要があります。
例外としてdreamstimeや123rfは「エディトリアル」という形態もあります。エディトリアルを受け付けているサイトは2箇所あります。副業としてやるとしても基本は押さえていないといけません。

売れる作品とは

これで副業をしている方はおり、本業となった方もおります。著作権フリーとして素材を前提に公開し販売する作品ですので、汎用的な写真・イラストに人気があるのは否めないでしょう。副業としてやるからにはおぼえておいた方がいいかもしれません。詳しくは売れる写真とはへ

参加から公開までの一連の方法まとめ

登録は至って難しくありません。でなければ数十万、数百万の作品は集まらないでしょう。ここで紹介しているサイトのおおまかな参加・登録方法です。サイトによって多少の違いがあります。

いつの間にか報酬が入ります

あとは待つだけ

その間あなたの仕事をしたり遊びにいったり、他の副業を試したり、新しい作品を制作したり自由です。

よく読まれている記事

shutterstockの写真・イラスト素材集

ShutterStock.comの説明 素材数百数十万。毎週2万以上の写真・クリップアートの登録数を誇る素材集サイトです。 ある程さらに見る

depositphotos 日本語版サイト登場

depositphotos(デポジットフォト)はいままで海外版のサイトで、日本語しか理解できなかったカメラマン・イラストレーターにさらに見る

レビュー中の作品編集方法(depositphotos)

作品にキーワードを入力し、状態が「Pending Files」に移行した時にも編集ができます。depositphotosがこの作品さらに見る

shutterstockで写真・イラストを売る

毎週2万以上の写真・クリップアートの登録数を誇るサイトです。 作品検索ページは日本語化が進んでいますので日本人ユーザも多くなっていさらに見る

Model Release(モデルリリース)について(シャッターストック)

作品に人物の顔や人物の個人が特定できる場合に報告する義務があります。またそれによって検索結果に同様のモデルが存在する作品がある場合さらに見る

公開された作品を編集する方法[online ステータス](dreamstime)

公開開始となったファイルです。この時点から第三者からのダウンロードが許可され、報酬が受けられるようになります。 dreamstimさらに見る

イラスト・写真を売るサイトの比較まとめ” への2件のフィードバック

  1. hiroaokiさん
    コメントありがとうございます。
    反映させて頂きました。
    これからも作品作りがんばってください。

  2. 初めてコメントさせていただきます。
    ストックフォトサイトへの登録の際、
    とても参考にさせていただきました。
    ありがとうございました。
    記載されていた内容から変更されている内容がございましたので、ご連絡させていただきます。
    fotoliaでの動画販売が行われておりました。

コメントを残す